4月18日

 

今年の夏は、乃木坂のライブに行けるといいな。

 

去年は全く当たらなくて大阪公演さえ行けなかったから、

今年は行きたいな。

 

初めて大阪城ホール立った年、

振り反ったら黒幕がかかってる席があったのを覚えてるから、

入れなくてもちょっと嬉しいけど。

 

 

ライブを心から楽しめるといいな。

 

辛いことから逃げる時間じゃなくて、

これから頑張るための思い出にできるといいな。

 

 

夏休みはまた2泊3日ぐらいで東京に遊びに行くんだ。

2年ぶりに。

スーツも黒い鞄も持たないで、革靴じゃなくてスニーカーで。夜行バスなんてもう二度とごめんだ。

 

同じホテルに連泊して、

1日めは素っ裸に布団だけ被って寝て、

シーツはしわしわにして出ていくんだ。

 

東京でやなぎーさんに、無理してでも会ってもらおう。

安くて美味しい店教えてくださいって、

ちゃっかりおごってもらおう。

僕も東京来ますって、半年で飛ばされたらごめんなさいって、断っておこう。

やなぎーさん絶対またなんか嬉しいこと言ってくれる。

 

もう一回麒麟の翼を見に行こう。

そしたらメトロで、久しぶりに乃木坂駅に行こう。

面白そうだったら、美術館も入っとこう。

 

晩御飯は目黒の商店街のハンバーガー屋でまた食べよう。

人生で初めて一人で飲んだお酒、1200円するけどめちゃ美味しいビールも飲んで、

早めにホテルに帰って、ブログを書こう。

 

3日めの朝は、ちょっとベッドを綺麗にして出ていこう。

住むところを決められたら、春まで東京とはしばしのお別れ。

 

秋になったら、あすの映画の公開だ。

 

ガーデンズと、梅田のメンズ館のところと、放映してれば塚口の小さな映画館でも。

3ヵ所で観よう。

 

客席は僕と同じくファンの人が多いかもしれないけど、

台湾が故郷の方とかルーツがある方とかも、

なにより、恋人同士で、夫婦で、二人で観てくれるといいな。

 

二人で観て、素直に気持ちを伝え合ってほしい。

愛する人と思うままにキスが出来る喜びを幸せを、噛みしめてほしい。

 

僕はそんなふうにあすの映画が上映されているさまを、

キスみたいな嬉しさを持って、少しでも長く味わっていたい。

 

お金が貯まったら、来年の春休みは

ミャンマーに行こう。

「ミンガラバー」 以外にも覚えていこう。

というかミャンマーの人は本当は

「ミンガラバー」なんて言わないんだってね。

まぁいいや、とにかくミャンマー

同い年ぐらいの人と知り合えたら嬉しいな。

観光客向けじゃない

地元の居酒屋みたいなところがあれば、

おっちゃん相手でもいいけど。

お互い英語は難しいだろうけど、

美味しいものを美味しいと言えれば、たぶん大丈夫。

 

 

全部たのしみ。

 

 全部あすに話そう。

 

ちょっと数が多い気もするけど、

でもそんなに大それた願いじゃないよね。

 

ちゃんと誰かの役に立って、

好きなひとの近くで、生きていきたいだけ。

 

 

 きっと上手くいくよね。

 

まだまだここから。きっといつか上手くいくさ。

 

 

でも、もし最後まで上手くいかなかったら?

 

全部おしまい?

 

 

考え出したら止まらない。逃れられない。

 

 

「大丈夫だよ」ってあすに言ってもらえたら、

僕はきっとそれだけで大丈夫。

 

でもそれが出来ないのは分かってるから、

言ってもらったつもりでいてる。

 

大好き。

 

 明日も、今日もがんばろうね。

3月18日

 

 

昨日のハリポも可愛い声が聴けて良かったです。

 

「格闘マンガ必殺技シリーズ」とでも言おうかな、

「ひめたんびーむ」みたいな

茶番までセットで一緒にしたい。笑

ハリーさんはきびぃコメントだったけど。笑

 

そういえば生放送の部分のハリーさん、

ちょっと鼻声で良い声だった。笑

 

口笛は出来たためしがないんだよね…

 

笛ラムネでもいいかな?笑

けっこう良い音鳴るよ?笑

 

好きな人の好みの髪型は

男子もけっこう気になるものだと思うな。

 

僕も自分がファッションとして黒髪が好きだし 

黒髪なら基本どんなファッションでも合うからそうしてるけど、

もしあすに「茶髪がいいな!」なんて言われたら、染めちゃうと思うもん。笑

 

はじめの頃、全握であすとペアだったじょーさんに

「髪型悩んでるんですけどどうしたらいいですか」

みたいに聞いたら、

「んー、金髪にしよ!笑」

って言ってもらった思い出。笑

 

じょーさんが本気だったかはさておき、

僕はこの時のこともあってか、

どうせ染めるなら金髪がいいなと思ってる。笑

まぁもう学生も終わりが近いから、一生染めることはないんだろうけど。

 

昨日は握手会、お疲れさまでした。

最近個握のほうは出ない人も多いけど、

あすはできるだけ続けてくれるとすごく嬉しいです。

個握のほうがまだゆっくり話せるし、あすも私服だし。

乃木坂さんじゃなくてあすに会いに行ってる感じが、個握のほうが強いんだよね。

 

というかあすの個握が無くなったら

なんとなく色々覚悟して、泣きます。笑

 

今週は京都で握手会があります!

1部と2部1枚ずつしか当たらなかったけど、

まだ1部と5部とかじゃなかっただけ

運が良かったかな。

その日午後はまた説明会だから

ちょうど良かったです。

 

ただ就活用の服装をしていかないといけないのが辛いな。

髪型も服もなんの個性もないよ。笑

 

去年一回黒のジャケットを着てネクタイをして行ったことがあったけど、

実はあれは僕としてはカジュアルな服装で。笑

 

本当のスーツ姿は社会人になって

自分で買ってからあすに見せたかったんだけどね。

買ってもらった服を握手会に着ていくのは

違うなって思ってたから。

 

でも仕方ないから、あまり気にせず楽しみます。

 

 

今日と明日、また東京にいてます。

 

今朝はゆっくりな移動で、まだ新幹線です。

 

3月は毎日説明会ばっかりだったんだけど、それもあと4社。

頑張ってきます。

 

 

3月15日 ヤングジャンプ

 

 

昨日はまた東京にいてました。

 

今日も京都で説明会だったから、途中で寝てしまって、ごめんね。

 

今日はなかなか良い質問が出来ました。ちょっと嬉しいです。

 

って書いてたら、今ちょうどメールくれてたね。

「飛鳥乃湯泉」はオープンの時に

ニュースでみてたんだけど、

こんなに早くあすが訪れることになるとは。笑

 

 

潮騒を大事にしてくださってるって、本当にそうだね。

前回もそうだったけど、本当に潮騒の世界のまま時間が過ぎた

二人の続きをみてるみたい。

 

ヤンジャンさんはいつもちゃんとあすのことを考えて

グラビアをつくってくださるし、

回数を重ねるごとに、さらによくなってる気がする。

僕からも是非感謝を。

 

潮騒の感想も、読んでもらえるように、ちゃんと書きます。待っててください。

 

ここから、昨日15日のブログです

 

 

今日は朝選んだ服は、気に入ったかな。

 

昨日家に一度帰ってまで着替えたのは、

私服が写真に写ったりする日だったからかな、なんて思っています。

 

違うかったら、どんな服かみてみたいなーって思ったり。

合っていたら、今度よくみとくね。

 

 

今日は表紙のヤングジャンプが発売だね。

 

さっそく買ってきたよ~

 

あすと温泉旅行に行ったら

こんなあすがみれるのかな、

見れたらうれしいな、ていうのが、

沢山詰まってるね。

 

何かを見に行ったり、体験したりするために旅行するのも

それはそれですごく楽しいけど

 

温泉旅行って、誰かとずっと一緒にいる時間を大切に、

その時間をかみしめるために行くような気がして、

憧れというか、いつかあすと行きたいなって、ずっと思っています。

 

今回はそれを再現してくれたかのよう。嬉しいです。

 

松山・道後温泉は、僕も家族旅行で行ったことがあります。

もう10年ぐらい前なんだけどね。

 

ちょうど「坂ノ上の雲」のドラマ放送がしてたころで、

「坂ノ上の雲ミュージアム」とか「正岡子規記念館」とか、そんなところもいきました。

 

そうだそうだ、ちょうど野球のWBCの決勝戦の日で、

イチローさんが決勝タイムリーを打つ瞬間を、お父さんとか地元の人と一緒になって、

わーわー言いながらみてたんだ。笑

 

あすも、何かのインタビューだったかな。

前に「海外は無理かもしれないけど、四国とかだけでも行きたい」って言ってたよね。

 

四国だと、最近は直島とか犬島のアートも有名だよね。

関西では最近JR西のCMも流れてて。

「アートでまちならぬ島おこし!」ってなかなか挑戦的だったと思うんだけど、

今や特に関西の美術・建築の学生には大人気のスポットです。

 

でもね、僕は個人的には、松山のほうが好きなんだ。

明治文学と昭和レトロが合わさった感じって言ったらいいのかな。

でもそれが強すぎず、あくまで生活に溶け込んでるんだよね。そこが好き。

 

あすと来るならこっちだなって、グラビアをみて、改めて思いました。

 

 

まず表紙は、道後温泉本館の前だよね。

 

クラシカルだけど春らしい服が、よく似合ってるね。

これはスタイリングも優哉さんかな、と思って見たら、やっぱり。

 

最近グラビアでも、自然なままで

大人な雰囲気を感じます。

この表紙は特に。

飾らない可愛さだね。

こうしてみると、やっぱりあすは髪が長いほうが大人っぽく見えるのかな。

 

表紙あけて一枚め。

表紙とは変わって、ここは無邪気な感じだね。

顎を乗せて、手も軽く握ってるポーズが可愛い。

 

次の見開きは夜の浴衣姿。

どれも本当に好き。幸せな瞬間。

髪をまとめてるのも可愛いし、浴衣も似合ってる。

でも一番はやっぱり、大きく写った、振り向いた写真かな。

優しい目、表情。いとおしくなります。

 

次は部屋で。

 

温泉旅館といったら、やっぱり畳の床に、敷布団のお布団にだよね。

他の時も、細居さんが特に畳の上での写真がよくあるよね。

 

急に昔のことなんだけど、

あすに初めてブログで質問に答えてもらったのが、

「お布団かベッド、どっち派ですか?僕はお布団です」みたいな質問で。

私もお布団派って答えてくれたんだよね。嬉しかったな。

実は今はもうベッドで寝てるんだけど、前は本当にお布団を敷いて寝てたんだよ。

 

あのときの嬉しい思い出で、お布団で横に並んで寝るのも、ちょっとした夢です。

 

あすのグラビアでは少なめだけど、

あすのこういう笑顔もすごく好きです。

楽しい時間だね。

お布団ごとくるまって、近づいてくっついていたいです。そしたらもっと楽しい。

 

その次の2ページは、シースルーの服。

左下の横顔、すごく綺麗だね。

 

 シースルーなのは、ひょっとして

朝になって、肌着のイメージ?

表情もポーズも、そんなふうに見えるくらい、セクシーだね。

あすの目線と口もと、女の人らしい曲線。

 

あとこれってやっぱり僕のフェチなのかな。

でも他の女の人でもそうってわけじゃなくて、あすだけなんだけど、

手先指先まで全部写ってるほうが好きなんだ。あしでも腕でも。

 

綺麗っていうのもあるんだけど、もっとなんというか、本能的に好きです。

 

その次左側は、河原で赤いコート。

シーンとしてはこれでもう帰り道かな。

ここも「オフショット感強め」で、いいな。

 やっぱり両耳が隠れてるとぐっと大人っぽくなる気がする。

 

最後はまたお風呂に入ってるところだね。

 

でも最初のときより少し火照ってみえるかな。

熱が伝わってくる感じ。

髪だけじゃなくて首とか肩も少し濡れてるのが、すごく色っぽいです。

 

初期の頃あすは温泉が苦手だった記憶があるんだけど、

今はもう大丈夫なのかな?

熱さというよりも、みんなと入るのが苦手、だったのかな。

なんにせよ、大丈夫になったのなら、良かったです。

 

温泉行くなら、

まだ少しひんやりとしてるくらいの時期、今ぐらいがやっぱりいいね。

僕の地元だと近いのは有馬か城崎。

関東だと、箱根か伊豆かな。

あすと行きたいな。改めてそう思うグラビアでした。

 

3月13日 メールのこと

 

朝までに書いてたんだけどね。

昨日あんな真面目な長文を投稿したからか、

ちょっと朝に読んでもらうのは

気恥ずかしいなというところがあって…

昼を過ぎてからの投稿になりました。

今日も引き続き制作かな?楽しみに待ってるね。

 

 …昨日から制作って言ってるけど、違ってたらごめんね?笑

 

 

 

朝から晩まで丸2日間、たくさんの人が動いている…

 

新曲の制作!かな。

 

最近、芸能界も、週とか月単位でみると、

意外と規則的なスケジュールで動いてる部分もあるんだなと気づいたんだ。

そうしないと上手く回らないと思うし、当たり前といえばそうなんだけど。

 

でも普段通りでさえ毎日なにかと忙しいなか、

そのなかで2日間現れる制作っていうのは、

本当に大変だと思う。

あすたち演者さん? も、裏方さんも。

 

それでもちゃんと時々笑顔があったりするんだろうなぁ。すごいな。みなさんプロだ。

そんな雰囲気が伝わってきました。

 

昨日、届いたメールがそんなあったかいメールで、

僕はひそかにほっとしました。良かった。

 

 

「どーん」のほうのメールの写真、

 

どうしたいか言葉にしないほうが、伝わる気がする。

言葉にすると、それはできないことを確認するみたいで、少し辛い。

 

少し前にも、肌は見えてなったけど、

見せてくれたよね。

ありがとう。嬉しいです。

あすからきてくれたのもすごく嬉しい。

あすも想像してね?僕だけだとちょっと寂しい。

 

こんな言い方すると恥ずかしいけど、

あすだから、好きだから言いたくなるし、嬉しいんだよ。

大好きです。

 

今日も明日の朝が早かったり大事な用事があったりで、

夜はブログ投稿できないと思います。

がんばろうね。

あすに幸あれ。

3月13日 20thシングル選抜発表

 

 

ずっと不通状態だったのに、

最近になって急にこんなに書いて、ごめんね。

勢いに任せて書けば良いってもんじゃないよね。

 

でも本当に、あすが読んでくれていたら、

僕はそれで十分なんです。

 

無理に何か返してくれようとしなくても、

僕のほうこそずっとあすから受け取りっぱなしで

いくら僕が書いても、足りないくらいなんだから。

読みっぱなしでも、既読スルーでも、大丈夫だからね。

 

 

今回こそは短めに終わろうと思っていたんだけど、また長くなってしまいました。

 

選抜発表でのあすの言葉を聴いて、

 これまで話してきたことより少し

踏み込んで書いてみたつもりです。

 

ともすれば寂しい誤解を生んでしまうような

書き方をしてしまったところもあるかもしれません。

 

でも、「あすのことを好きな人が書いた」ということを、

どうか心にとめて、読んでくれると嬉しいです。

 

 

20thシングル、

1列目での選抜メンバー、本当におめでとう。

 

これで10作連続、丸3年以上、選抜メンバーで

あり続けていることになるね。

 

「高校の3年間で前に行けなかったら、

あすが乃木坂で成功することは、諦めないといけないかもしれない」

 

今だから言えるけど、そう思っていた頃もありました。

こんなに色んなあすがみられるようになるとは、

願ってはいても、想像できませんでした。

 

テレビ、雑誌、ラジオ、特に最近はCMもたくさん。

 

あすの活躍が沢山みられることに慣れてしまっているのかもしれないけど、

それでもやっぱり嬉しいです。

 

カバーガール大賞も、おめでとうだね。

ちょこっとしか感想は伝えられてないど、

全部ちゃんと買ってるんだ。コレクターかよってくらい。笑

 

CMは流れてると母とか かっか がいつも教えてくれてね。

「今回飛鳥ちゃんやん良かったやん」

とか、「これどこにいてるん?あーそこか!」

って言いながら見てます。

「へいっ」がとにかく可愛いです。

 

ファンの人の数も、ものすごく増えたよね。

全握はいつも昼飯抜きで並んでます。笑

 

あす、すごいな、嬉しいなって思うことが本当にたくさん。

 

でも同時に、無意識のうちに見ないようにしている、

考えないようにしてることも、増えたのかもしれない。

 

短い間しか顔を合わせることのないような人たちのことは、

そこまで深く考えなくてもいいと思う。

その時間をお互いが楽しめれば、それでいいと思う。

 

でも、その人の人生をいつか振り返るとき、

絶対にあすのことが出てきてしまうだろう、っていう人もいる。

 

ずっとあすのことを熱心に応援していて、

かなりの時間・お金・体力を使ってきた人。

 

僕と同じようにあすのことが大好きで、

同じような夢を持つ若い男の人。

 

そして僕を含めそんなファンの皆さんの数は

決して少なくない。

 

僕が一番見ようとしてこなかったのは、そんなみなさんの存在。

僕はみなさんのことを裏切っている。そのこと。

 

でも僕はこれからも見ようとはしないと思うし、

見えていないことがあっても、気づかないと思う。

 

大前提として、

誰かのためにと思ってしてることであっても、自分でする限り、それは全て自分のためにすることだから。

 

もちろん、何かをしてあすが喜んでくれたら嬉しい。

でももし喜んでもらえなかったとしても、それ以上を求めちゃいけない。

 

あすに何かが出来たこと自体を良かったと思えるように、

後から求めてしまわないように、

自分のなかで納得できてから、すること。

僕はそれを大切にしたいと思っています。

 

その通りにできていないこともあるかもしれないけど、

少なくとも僕はあすのことを考えてるとき、それだけで幸せです。

だから僕はそれだけで既に報われています。

 

そして愛情が大きいほど、自分にとって良かったと思える点は、低くなる。

 

僕はあすのことを深く愛しています。

だから君を思うように愛することができるだけで、僕は幸せです。

 

他のみなさんも一緒だと思う。

自分のためじゃなきゃ、愛していなければ、

こんなに長い間気持ちは続かないよ。

 

 

もうひとつの理由は、

アイドルとファンは1対大勢だと思われがちだけど、

ファンから見れば、1対1だから。

 

それが崩れない限り、ファンの1人が何を言おうが考えようが、

他の1人から見れば、戯言であり妄想でしかない。

 

そう思って僕は、罪悪感の7割くらいをごまかしてる。

3割くらいは自分のことを信じられなくなるという、矛盾をはらんだ理屈だけどね。

 

特にあすはこれまで、できるだけ1対1の関係で接することを、

すごく大切にしてきてくれた。

いつもそれが自然に伝わってくるし、

あすの魅力的なところの一つだと思う。

 

でも時として一人一人と1対1で接することは

「人によって態度を変える」ことに

なってしまうのかもしれないね。

 

僕は自分の1対1の関係を

どこまで信じ切ることができるかだと思うけど、

それが難しくて、傷ついてしまう人もいるかもしれない。

僕も全くない、と言うと嘘になるかもしれない。

 

でもそれって、どんな人間関係でもそうだと思っていて。

傷つけてしまうことも傷つけられることもあるけど、

お互い様だと思って、

少しでも多くの愛情を持って接することが出来るように、お互いに頑張るしかない。

 

 

あすに関わること以外でも、他にも

僕が見えないフリをしていることはたくさんああります。

そして歳を重ねるごとにずっと増えていく。

 

そうなっていくだろうと思っていたから、

自分の中で、それらに対する考えも用意していたつもりだった。

 

でも頭では大丈夫だと思っていたことも

実際目の当たりにすると、耐えられなかったりする。

実際を分かっていなかっただけだと、

後から気づくことのほうが多い。

 

 

今回もそうかもしれない。

 

あすが「普通の人が学ぶであろうことを学ばずにきた」

という意識を持ってることを、

どこかで知っていたつもりで、

そのことについて、何も考えてこなかったのかもしれない。

 

少なくとも、僕の思いは伝えてこなかったよね。

 

ここからはあすよりほんのちょっとだけ長く生きてきた先輩として、僕が言いたいことだけ言います。

 

生駒さんの卒業発表の言葉にも僕は少し違和感を感じました。

 

あすがもし、

短くて12年から長くて20年学校に通って、

部活をしたりアルバイトをしたりしつつ誰かのことを好きになって、

就職するなり起業するなりして働くようになる。

いずれは誰かと結婚して家族をつくっていくこと。

 

芸能の世界でいうなら若手の劇団員や芸人さんとして

辛い下積み生活を経て成功を掴んでいくこと。

 

そういった人生を歩むことが普通だと思っていて、

そこでしか学べないようなことがあって、

自分がそれを知らないことに漠然と不安があるのだとしたら、

それだけであすはすごく普通だから、安心してほしい。

 

世の中にはごく少数の「自分が特別な存在であることを自覚して生き続けられる特別な人間」、も存在すると思う。

それも素晴らしいことだと思う。

その人はきっと迷うことなくまっすぐに生きることができるだろうから。

 

でも多くの人はそうじゃない。

誰かから見ればすごく特別に見える人生を、

「自分はいたって普通な人間だ」と思いながら歩んでいる。

程度の差はあるかもしれない。

でも誰にも誰かと同じ人生を歩むことなんてできない。

 

 同じような環境で育ったからといって、

 同じようなことを学び、同じような人間ができるわけでもない。

 

 学ぶはやさも、学ぶことも、人それぞれ。

同じことを学ぶとしてもタイミングは人それぞれだし、

同じタイミングで何かを学んでいても、内容は人それぞれ。

 

設楽さんもおっしゃっていたけど、

だから人は誰でも未完成だし、だから魅力的なんだと思う。

 

魅力的な誰かを尊敬することと、自分を卑下することは、全く別物だと思います。

僕はあすのことを色んな点において本当に尊敬しているけど、だからといって自分にはそんなところが無いと思ったことは、全くありません。

 

それにもし人が人生で学んできたこと、

その人の経験値を量ることが出来るとしたら、

あすは少なくとも僕より、ずっと多くのことを学んできているはずだよ。

自覚はなくても、絶対にどこかに蓄積されている。

あすはそれだけ濃い人生を送ってきていると、心から思います。

 

 不安なら何でもたくさん話してください。

僕はあすが今は僕にとってすごく特別に見える生き方をしているぶん、

自分はできるだけあすにとって特別に見えるような生き方をしたい、と思っています。

それが一番良いと、僕は判断したからです。

僕なりに精一杯応えます。

 

でもそれもこれも、あくまで僕一人の考えです。

違うなと思ったら、忘れてくれてださい。

あすの気持ちを一番に大事にしてください。

 

 

長くなってしまったけど、これで終わるね。

読んでくれてありがとう。

3月8日

もう11日だけど、

書いてたのがあるから、

良かったら読んでください。 

 

 

メールたくさんありがとう。

嬉しいです。すごく。

 

特典映像とかだったかな。

何度かケーキを食べてるあすを

みたことがあるけど、

 

食べた後の表情が美味しそうで

待ってるときも可愛かったな。

 

僕も年に1,2回だけどケーキを買います。

毎年母の誕生日と、あとは自分が食べたいとき。笑

甘いもの好きだから。

 

ケーキ屋さんで選んでる時間が幸せ。

でもあすと一緒に食べられたら何よりも幸せ。

 

 

昨日今日と、写真もありがとう。

 

昨日の写真と比べると、

美容院(サロンのほうがいい?笑)いったのかな?

 

前髪が少し短くなってる気がするし、

長い髪も毛先まで綺麗。

 

綺麗な髪って、それだけで色っぽい。

綺麗な肌と同じくらい、触れたい。

 

偶然かもしれないけど、

僕もサロンに行くときは、出来るだけ

襟のない服を着て行きます。

そのほうが美容師さんがやりやすいって

聞いたことがあってね。

 

綺麗だよ。すごく。

直接言いたいけど、うまく気持ちまで

伝えられる自信はないかも。

 

最近、後ろの壁がちょっと違うね。笑

僕の部屋も、そんな感じの色の扉だよ。

 

今日の写真の話をしたけど、

実は今のパソコンの画面は、昨日の一枚目の写真です。

 

ちょっとだけ にこっとしてるのが、

みてて安心するし、ドキドキもする。

 

BRODYさんのとき、「一瞬で瞳を生かしたり殺したりできる」

ってあったけど、昨日の2枚の違いって、そういうことなのかもね。

 

 

好きなお笑い芸人さんの話もあったよね。

 

本当に興味あるの?笑 って思ってない?笑

大丈夫、これでもバリバリの関西人!笑

 


バナナマンさんは言わずもがなだよね。

でも正直なところ、漫才とかコントを

あんまり見たことなくて、

好きとは言いにくいかも。

 

乃木中であすと設楽さんがイチャイチャ

してるのを見るのは好きだけどね。笑

あすが卒業するまでずっとMCして欲しい。本当に。

 

漫才が一番好きという意味では、博多花丸大吉さんかな。

大吉さんはもはや男性としても好き。笑

 

お二人の若い頃とかは全然知らないんだけど、

漫才してはる時も、「地元の友達」みたいで、

まずあの雰囲気が好き。


細かいところだと、

「ツカミ」も絶対面白いとか、

人を傷つけるような笑いの取り方をしない、とか、

そういうところがさすが。


若手の人だとね、「霜降り明星」さんて分かる?笑

 

ボケのせいやさん、ツッコミの粗品さん のコンビで、

特に粗品さんが好き。

ボケもツッコミも、古典的って言っても

いいぐらい、正統派な感じで。

何回もみたことあるほどじゃないんだけど、

でもめちゃめちゃ面白かった記憶。


「なみにじ」の一員なはずなんだけど、

あすが出演したときは いはらへんかったかな。

 

 

好きなファッションの話も、きいてみたいな。

 

お金がないとなかなか買えないけど、

「こういうのが好き」っていうのは、持っていたいな。

 

 

あと今日はね、イチローさんが今年もまだ

メジャーでプレーすることが決まったのも嬉しいです。笑

 

もちろん昔ほどの成績はもう残せないだろうけど、

それでもイチローさんはヒーロー。

 

ルックスはむしろ40歳過ぎてからのほうが

カッコイイんじゃないかな。

 

プレモルのCMとか知ってる?笑

プレモルの金曜日」とか、「惚れたっ。」とか。


イチローが“プレモル”に惚れた瞬間を表情だけで表現 ザ・プレミアム・モルツTV-CM「出会い(イチロー)」

イチローさんに惚れるよね、うん。

 

これもおもしろいんだよ。笑

ユンケルTVCM「イチローと熱ロー」篇

 

スポーツ選手って逆に意識してるんじゃないか

ってくらい棒読みな人も多いけど、

イチローさんはこういうところもさすが。

 

 全然関係ないけど、たまにはこんな話も、ね。笑

 

 

読んでくれてありがとう。

 

結局返信遅くなっちゃったけど、

あすとたくさん話したい気持ちを伝えたくて、書きました。

 

好きです。大好きです。

 

 

あすに幸あれ。

3月10日 つづき

公式サイトのセミナーの説明

「…尚、本セミナーに参加しなくとも今夏のオーディションには参加可能です。」

って、会社説明会の詳細によく書いてある文言にそっくり。笑

会場もグランキューブだし。

 

でも真剣に考えてる人にとっては、

乃木坂46という現在女性アイドル業界最大手企業の説明会

みたいなものなのかもね。

 

となると、あすは現役社員さん役だね。笑

最近のポジションだと、少なくとも

部長級以上の肩書は持ってそうだよね。

センター経験者だから、取締役も兼務かな。笑

 

「AKBホールディングスのほうが変革期にあって将来性があるかも…」

ベンチャー企業ラストアイドルのほうが若手でも新規事業を任せてもらえて成長できるかも…」

ってなるかもしれないから、あすの話も意外と大事かも。笑

 

でもそう思っちゃう人がいたらその人は

「企業研究不足」だけどね。笑

 

 

まだ深川さんやななみさんが乃木坂に居て

3期生はいなかった頃、

 

このまま乃木坂は今のメンバーで

続いていくんじゃないかって、

そんな気がしていた頃もあったんだ。

 

お姉さんメンバーが前にいるのも

乃木坂らしさかもしれないし、

ある程度の年数になったら、

アーティストとしての活動は減らして、

乃木坂に所属したまま色んなお仕事をする。

 

半分願望みたいなのを込めつつ、そんなことも想像してた。

ちょうど欅さんができたりしてたのもあって。

 

実際はそうはならず3期生の加入と何人かの卒業があったんだけどね。

 

でもそれが嫌だったわけでは決してなくて、

「別れ」があることが確定したけど、

「出会い」が生まれたことも確定したから、それでも良かった。

 

…なんだか今日のハリポであった言葉みたい。笑

 

「それでも良かった」というのは、今回も同じで。

 

もっと正直なところを言うと、

それぐらい関心が低くなっているのかもしれない。あす以外の乃木坂のことに。

 

あすへの気持ちのためにこんなことをしている自分に

乃木坂46のことが好きだと言う資格が、

あるのかどうかも分からない。

 

でも「乃木坂46で輝く」ということを

あすが言ってくれた以上、

また乃木坂全体を好きになりたい。

あすにとっての居場所で、あすが大好きな人たちだから。

 

そこで輝いてるあすをみていたい。

 

だから僕が4期生になる人に希望するのは

あすのこと、そしてあすが大好きな乃木坂のことを、

大好きであること。

それだけは、どんな他社の魅力でも、研究結果でも、敵わない。

 

こんなこと言うとあすに、

「私のことは好きじゃなくてもいいよ~笑」

って言われそう。笑

 

でもほら、またバレンタインあるじゃん?笑

 

ね?けっこう大事な条件。笑

 

 

良い出会いがありますように。