デートの日

 

 待ち合わせより少し早く着いた。飛鳥から

 「お寝坊さんおはよう。今日は遅刻してないかな?」と字でメッセージが来たのに、

 「今日は10分前には着くよ!」と返した。

 「今日はえらいね。」

 「ヒルトンの24階です。」

 今日はヒルトンか。飛鳥が泊まるにはもう古い気もするが、前に僕が最新の設備にあくせくしていたからだろうか。相変わらず恥ずかしいような申し訳ないような気がするが、飛鳥の心遣いに僕は安心した。今日は親切なコンシェルジュの電源を強制的に落として、肝心なところで説明をぶちぎってしまうことは無さそうである。失礼なことをしてしまった彼に、心の中で詫びた。ロボットは無機物ではないのである。

 目を上げると、阪急のショーウインドウが可愛らしく彩られていた。2月も終わろうとする、イースターを控えた季節である。あと1時間もすればこの広場は、永遠の絆を誓う友達と遊びに行く、若者で溢れるだろう。

 「ショーウインドウが可愛いよ。」目線をしばらくそこに向けて、フアムを送った。

 「ほんとだ。可愛いね。」飛鳥からまた字でメッセージが来た。

 「私のグラス、会うまでのぞかないでね。」

 

 

 12月にベルホヤンスクで会った時、僕は戸惑っていた。

 真新しいホテルの部屋に入ると、飛鳥はもう出かける準備をしていた。

 「服はこのへんで新調したの?」と聞くと、

 「違うよ日本で買った」と飛鳥は笑った。

 「でもロシアの服みたい」と言って僕も笑った。

 仕事でロシアに来ていた飛鳥は、肘から先と胸元が柄入りのニット地になった少し深い緑色のブルゾンと、碧色のこちらも柄入りの細身のスカートに、やはり柄入りの明るい緑色のマフラーをしていた。

 世界の時間的距離が短くなって、人々は自分の出自や旅先の文化を好んで表現するようになった。上下の柄がセットであったのかと思うほど相性が良く、エスニックな模様にみえたが、そうではなかったようだ。柄入りの服は飛鳥がファッション誌の誌面を飾るようになってから、ずっと好きで着ている気がする。その日みたいなエスニックな柄は、特に飛鳥が好きなものだった。好きなものを着ている彼女は美しかった。

 「飛鳥らしい、素敵な服だね。どれも柄が入ってて難しそうだけど、似合ってる。

 「ありがとう。でも可愛いとは言ってくれないね。笑」素直に口にしたつもりが、もっと素直な気持ちが飛鳥から帰ってきた。

 「今日のは可愛い感じにしたくて選んだわけじゃないんでしょ?笑」

 「そうだけど、私は可愛いとも思って選んだんだけどな。」どうしてだろう。10代の頃のようなことを言うなと思った。

 「ごめん、すごく可愛いとも思うよ。特にマフラーとか。緑色も似合ってる。でも一番は柄の組み合わせがすごいなって。だからカッコいい。」

 「そっか。ありがとう。」

 そう言うと飛鳥は僕の近くに寄り、マフラーで2人の首をくるむようにした。僕の身体を強くハグして、数秒間そのままでいた。

 「いってきます。」

 廊下で見送った後ろ姿はいつもと変わりなかった。

 なにもかもずっと可愛いんだけどなぁ。

 飛鳥が帰ってきたら僕からハグをしてちゃんと伝えようと思ったが、飛鳥はそのままヨーロッパに行くことになってしまい、その機会はなかった。

 

 

 会って話すのはそれ以来である。

 飛鳥のグラスへのアクセスを許可されているはずなのに、結局見れないのはいつものことだが、のぞかないでと念を押されるのは珍しい。

 ヒルトンの入り口近くまでくると、細身ながらも体格の良さを伺わせるジャケットの着こなしをした男性がこちらに近づいてきた。

 「ヒルトン大阪の山本と申します。齋藤様のお連れ様でしょうか。」

 ついにロボットもここまで進歩したのかと思ったが、山本さんは本物の人であった。

 「お迎えの方が来てくださったよ。凄いね、このご時世に人がお迎えに来てくれるなんて。」

 飛鳥にフアムを送ると、

 「ありがとうございます。ヒルトン大阪は最新の設備と人による最高級のサービスの融合を目指しております。」と、山本さんは丁寧な口調で語った。

 山本さんの助けを借りてすんなりと部屋に入れたが、飛鳥の姿が見当たらなかった。

 「おはよう。まだ着替えてる?」

 広い部屋の中を見渡していると、後ろから飛鳥の声が聞こえた。

 「後ろ向かないで。グラスを外して。」

 言われた通りにグラスを外した。すると飛鳥の手が僕の眼を覆った。

 「おはよう。お寝坊さん。」

 僕が寝坊して待ち合わせに遅刻したことがあった。もう10年以上前だろうか。

 「遅くなってごめんね。モコモコの飛鳥ちゃん?」

 その時と同じ台詞にハテナをつけて言うと、飛鳥の手が離れた。

 「後ろ向いて。」

 後ろを振り向くと、笑顔で少し首をかしげた飛鳥が、手でマフラーを軽く持ち上げて、ポーズをとっていた。

 「可愛い?」

 「うん。可愛いよ。すごく可愛い。モコモコだ。笑」

 いつかと同じ台詞を口にする。

 「今度はマフラーが主役だね。」

 ベルホヤンスクのホテルで可愛いと言った、緑色のマフラーを着ていた。緑色のマフラー以外は、オフホワイトやグレーの服で揃えられていた。ボア生地のコートが柔らかそうである。少し大きめのコートが小顔を強調させる。飛鳥の髪もまとめられ、耳が出た若々しい印象になっていた。

 コートの襟が当たる距離に近づき、飛鳥抱き寄せた。手のひらにコートの柔らかい感触が伝わる。

 「中華街行きたいな。」 

 僕がそう言うと飛鳥は短く返事をした。

 

 10年以上前に飛鳥とデートしたその日、大阪の西成に新しく出来て間もなかった中華街に、二人で行ったのである。二人でゆっくり歩くことは叶わなかったが、一緒に食べた肉まんの味を覚えていた。その日も飛鳥は今日と同じ服を着ていたのである。あの時もボアのコートの柔らかい感触が、僕の肩に伝わっていた。本当に楽しそうにする飛鳥に、僕は何度も可愛いと言った。

 「改めて案内をお願いしますね。ヤンさん。」

 飛鳥が部屋の入り口のほうに向かってそう言うと、山本さんが歩いてきた。先ほどより細くなった印象である。

 「先ほどは失礼いましました。改めまして、ヤンと申します。出身は台湾です。お二人が1日楽しくお過ごしになれるよう、私どもでアテンドさせていただきます。」

 

 「今日は1日あげる。いこっ。」

 飛鳥に手を引かれて、僕は部屋を出た。

 

~なんちゃって解説~

 

メンズノンノ2 月号の連載、

すごく良くて、色々な想像が止まらなくなった結果、できた小話です。笑

「モード」のエスニックだけど新しい印象、

「デート」のアイボリーの少しクラシックな印象と、ボア生地。

そんなところが中心です。

「コレも気になる」のオレンジ色のマフラーもすごく可愛いと思ったけど、

話に入れられませんでした。でもこれも好きです。

 

未来の設定で、

人々が今のスマホと同じような感覚で、「グラス」と呼ばれるメガネのような形の端末を身に付けている設定です。

「フアム」はグラス越しのライブ映像を音声つきで送れる機能で、電話の進んだ形のつもりです。

ロシアのベルホヤンスクは、Googleマップ偶然見つけた、ロシア北東部にある小さな街です。

温暖化が進んで北極の氷が少なくなれば、北極海を通って大陸を結ぶルートが出来ると言われています。そうなれば北側の沿岸にある街が今よりも発展するかもしれないな、という想像から選びました。日本からアメリ東海岸やヨーロッパに行くのも、ひょっとすると北極海経由のほうが便利になるかもしれません。

「グラス」のようなウエアラブル端末はそう遠くない未来に登場すると言われているので、北極海ルートが出来る頃にはコンタクトレンズみたい大きさになっているかもしれません。

なので数十年単位で時間軸がずれている可能性もありますが、未来予想なので大目にみてださい。笑

中華街が西成にできるかもしれないという話は、実際に今ある話です。難しいだろうと思っていますが、星野リゾートのホテルができるぐらいなので、ひょっとするとあるかもしれません。

タイトルの「デートの日」は、デートという言葉がもっと旧い言葉になったら、タイトルらしくなるかも。

 

どうだったかな?

昔のことも未来のことも、考えるのが好きです。

 

このあとモコモコの飛鳥と、肉まんの中身がこぼれてしまわないように、服が汚れてしまわないように気を付けながら、

おいしいねって、食べるだろうと思います。

いいな。

 

読んでくれてありがとう。

身も心も温まったポ。

 

 

今日はコーナー紹介の一言、あったね!

嬉しかった!

 

ファイトー、だポ♪

 

可愛いです。

ポのつけ方が無理やりな気もしますが、

無理やりにでもつけたのが、むしろ可愛いです。

 

今日のコーナーは「僕だ~れだクイズ ストリートスタイル」!

 

冒頭の「Morning morning♪ let's go go go!」、

すごく可愛いかったです。

go go go のところが特に。字面は勢いある言葉だけど、優しい声でした。

 

受けたハリーさんも、孫と話すおじいちゃんみたいになってた。笑

 

「すこすこみ」という言葉が出てきましたね。笑

 

「すこ」と「~み」は実際に聞いたことあるけど、

これは未だにないなぁ。

それこそ「すこすこポ」ぐらい。笑

 

「有働さんすこすこみ」もすごく笑いました。笑

有働さんはそういう言葉も知ってそうなのがまた。笑

 

あすは緊張しないという話。

ライブの前に背中叩いてもらうとか、

昔は、ランウェイはさすがに緊張したとか、

 

ちらっとは知ってるけど、

確かに、まともに緊張してるところは全く知らないかも。

凄いです。

 

僕はもう 手が震える 顔色悪くなる 汗が止まらない

と、散々なんです。笑

緊張した時に限らずある症状なんだけどね。

 

小さい頃からそうなので、

異性同性関係なく、緊張する場面で飄々としてる人に、憧れます。

 

「緊張してる場合じゃない」と割り切りができる人になりたいです。

 

クイズの正解は「レディーガガ」でしたね!

 

僕は今回、1回目のヒント分かったよ~

 

2回目のヒントの最後の方が「好きな曲は?」に

poker face!って答えてて、それが答え合わせでした。

 

あすは3回目やったね?

はっはっは。(子どもみたいに笑)

 

このクイズが4回目までヒントがある限り、

早押しでは僕が勝ち続ける気がします。笑

 

演者さんはもどかしいですね。

 

4回目のヒントでもう明らか分かった瞬間、

小さく笑う声が可愛いかったです。

歌ってくれるともう明らかでしたね。笑

 

頑張る瞬間は朝起きる時、そうかもしれませんね。笑

 

あすが「born this way」で起きるところを想像したら、

ちょっと可笑しかったです。

 

今日はコーナーのシメは

have a lovely day~♪でしたね。

 

日本語でも「素敵な1日を」ってあるけど、

lovelyが1日につくっていいなって、今になって気づきました。

 

今日はハリーさんのお電話に出た方が、

 

1人目が今日結婚式の新郎さん、

2人目は韓国にいるアメリカ人のダーリンに会いに行く女性、

3人目は今日お誕生日の男の人。

 

お3方ともハリーさんの電話も嬉しそうだけど、

それ以上に今日という日を楽しみにしてらっしゃる感じが、

 

本当にこちらまで嬉しくなりました。

幸せのおすそ分けですね。

 

街頭インタビューのコーナーでは、

「韓国では初雪の日は告白する日」というのも知りました。

 

ハリーさん曰く、「みんな告白しまくる」そうなんだけど、

それだけみんな好きな人が居るということが、素敵だと思いませんか。

 

最後の一言はタイトルに使わせてもらいました。

あすの声が聴けて、色んな話も聴けて、

耳から身も心も温まりました。

 

また来週も楽しみにしています。

 

僕からあすへの「初めての告白」はもうない、

初雪の日に告白することはないかもしれませんが、

 

何度目だって、初めてする時みたいに、

緊張しながら、大事に言います。

 

あなたのことが大好きです。

ハタチのアルバム、表紙の写真

 

今日14日は成人の日ですね。

 

一足早く乃木神社での式があって、

式としては終えたのかなというところですが、

 

ヤングジャンプさんで、「前撮り」して下さっていましたね。

 

日々の活動はもちろん色んなメディアを通して残りますが、

 

それとは別に、こうして

振袖姿だけで撮影をしてくださる、

その姿をこうしてゆっくり見られるというのは、

 

本当に嬉しいです。

 

8ページが1枚続きになっている

その表側が、

「前撮り」ですね。

 

1番左側の写真から。

 

いつかハタチのあすを思い出すとき、

それはこんな表情のあすになるような気がします。

 

前髪も、特に最近はこういう感じのイメージが強いですし、

今のあすに一番合ってる気がします。

 

今回の振袖がよく映える、

本当に綺麗な立ち姿だと思います。

 

普通より少し胸をはって、でも腰は少し引いて。

 

お着物の、前後に立体的なところに、

一番合うぐらいなのが、本当に綺麗です。

 

次はほぼ真正面から、全身が入った一枚ですね。

 

着物は洋服に比べると

あすのスタイルの良いところが出にくいかも、

 

と思っていましたが、

 

こうして見ると、

むしろ良いところがちゃんと出てますね。

 

肩幅や身幅の小さなところ、腕も細くて、

振袖の華やかな柄がよく似合うような女性らしさがあります。

 

正面からだと、振袖の

袖が大きいところもよく分かりますね。

 

それと、手がすごく綺麗です。

 

背景が赤色の写真もありますね。

 

乃木神社の時と比べると白の多い振袖だから、

赤の背景もまた良いですね。

 

乃木神社の時のような赤を着ても、

こういう赤の中に居ても、

 

あくまで優しい雰囲気が少し残っていて、

強すぎる主張を感じることがない。

 

濃い色全般について、同じようなことが言えるのかもしれませんが、

やっぱりこれも、あすの良いところですね。

 

濃い色を纏うと少しこわくなってしまう人もいますから。

良い意味で、20歳になっても変わっていません。

 

最後の2枚は座っての姿勢ですね。

 

これも本当に微妙な膝の向き、手首の向きだと思うのですが、

女性らしい姿勢になっていて、可愛いです。

 

振袖だと、閉じた足の形でしか動かせないからこそ、

その角度がよく分かるのかなという気がします。

 

 

裏面は、表面のあすができるまで、という感じですね。

 

おそらく本来的には、特に髪型の変わっていく

過程をお撮りになったと思うのですが、

 

結果的に色んな角度から、色んな表情の、

ハタチのあすをレンズに収めてくださったことになっていて、

まずそれが本当に嬉しいです。

横顔が多めですし。

 

まだ白ニットのページの、唇を閉じた左からの横顔、

髪飾りをつけるときの、歯を見せて笑っている右からの横顔。

 

この2枚が特に好きです。

 

それ以外の写真も、

まだ本番の前の、ふとした瞬間なはずなのに、

 

息をのむくらい綺麗で、大好きです。

 

 

「前撮り」という普通ならプライベートで撮っていただくことを、

 

こうして一番綺麗に撮っていただける形でして下さって、

残して下さって、

 

あすのファンとして以上に1人のあすのことが好きな人として、

本当に嬉しいですし、有難いです。

 

またヤンジャンさんの撮影があったら、

「『前撮り』、ファンの人が喜んでくれましたよ」伝えてくれたらなと思います。

 

改めまして、ご成人おめでとうございます。

 

ととパパもけっこう たぷたぷ

本日1/12のハリポの感想です!

 

今日は残念ながら、番組冒頭の一言はなかったね。

 

早起きの楽しみでもあるので残念でしたが、

僕はもうハリポのファンなので、大丈夫です。

 

来週はまた聴けるのかな。どうでしょう。

 

さっそくコーナーの感想から。

 

ハリーさんの記憶にある

「まっピンクでツインテール」の写真、

 

ツインテール協会の方が撮ってくださった時ですね。

 

よく覚えてます。貴重なツインですから。笑

 

でもハリーさん、「2年ちょい前」とおっしゃていたけど、

僕の記憶ではもっと前なので、

 

ハリーさんはその頃から、

グラビアを見たことがあるぐらい、

あすのことを知っていたということでしょうか。

 

だとしたら嬉しいですね。

 

今日はロッキーシリーズの映画の予告編から。

 

最初は「あしゅパパは たぷたぷ」なんて話だったのに笑、

意外に真剣なお話に。

 

「何のためにお仕事をしているのか」

 

「周りの人やファンの人のために頑張ることが

果たして本当にファンの人のためになるか分からない」

 

あすが言っていたように、

僕も、大前提として、

何をするにも自分の判断ならそれは全部自分のため

と思っています。

 

ただそうだとしても、結果的にそれが多くの人の為になることがあって。

人は誰かのために頑張れるものだとも、

思っていたいです。

 

アイドルは特にそういう意味合いがあると思っています。

 

もちろん、お仕事ではあるし、

「遊ぶのに一生困らないお金を稼ぐためです」ってアイドルがいても面白いと思います。笑

 

でも例えば去年なら、ジコチューやキミオイ。

 

僕は本当にそれが日々の楽しみだし、

何より幸せな気持ちになります。

 

それを伝えることが、少しでもあすの力になってくれていたら、

そんなに嬉しいことはないです。

 

「なぜお仕事をするのか」

僕は、小学生の頃から、おぼろげながらあって、

就活するまでは、しっかり強く持っていました。

 

でも、「君はここじゃないよ」

と言われることが続いて、

自分自身では理由をつけられないぐらいに続いて。

 

正直なところ今は、

色んなことにお金が必要だから、とりあえず働くけど、

それ以上の理由は分からなくなったままです。

 

上司に可愛いがられるために、

分かってることを分からないフリをする。

 

何より自分の保身のために、

理不尽なことでも謝る。

 

そういうことをしないと這い上がれないような

ところまで、落ちてしまいました。

 

だから何のためにそうするのか、

正当化できる理由が欲しいです。

 

くだらない人間がすることに変わりないですが。

 

今「何のために働くのか」

なんて考えたら、

それまでくだらないことになってしまうから、

 

綺麗なままにしておきたいから、

 

這い上がるまで忘れます。

 

それが下にいる人間の特権です。

 

急にこんな話してごめんなさい。

ちょっと考えてしまっただけなので、本当に忘れてください。

 

 

途中のニュースで、知らなかったな、と思うことがありました。

電通が行った6万人へのアンケートで、『LGBTに該当する』と答えた人が、8.9%で、割合にして11人に1人だった」。

 

印象より多くないですか?

 

僕が今まで知り合ったなかで、LGBTだと知っているのは、2人だけ。

「思ってるより多い」とは覚えてたけど、

それよりもっと沢山いてるんだろうな。

 

もっと敏感に生きないとですね。

 

 

Enjoy fabulous night♪

I'm on my way back home~, I'm on my way back home~♪

新年1回目、1/5のハリポの感想です!

 

コーナー紹介の「ハッピーニューイヤ~!」、

コーナーの冒頭も、「ハッピーニューイヤ~!」。

 

2回とも元気で可愛いかったです。

楽しくなっちゃいます。

 

あ、そうだ。

ハリーさん、帰り道の曲紹介、噛んでた。笑

 

マウスコンピュータのラジオCM、

「好きかもでちゅ」、が好きです。

耳に大変よろしゅうございます。笑

 

今日のリスナーからのメモチュン、

ラジオネームが「ハラミ大好き」さんでした。

もう明らかにですね。笑

 

僕ももう何度か送ってるんだけど、

なかなか難しいみたいです。

 

ハリーさんが今年の目標として、

またラジオでないところでハリポのイベントをすると

言ってくださっていたので、

その時是非行きたいものです。

 

さて、ハリーズイングリッシュクラスです。

 

冒頭はドラマザンビのお話から。

 

ハリーさんなのかメガネちゃんさんなのか、

いつもあすの他のお仕事をおさえて下さっていて、

温かいですね。

 

ハリーさんがホラーは飛鳥ちゃんの十八番とおっしゃっていましたが、

そんなことは無いよね?笑

 

「本当にあった怖い話」に出たときはホラーでしたね。

 

ザンビ、楽しみにしてます!

 

「先輩」はあんまり聞いたことないけど、

「飛鳥さん」は多いよね。大園さんとか。

でも先輩扱いではないよね。笑

 

先月の英語、僕は完璧でした!

イギリス行きたい!笑

 

一曲挟んで、歌のコーナー!

 

歌のコーナーっておかしいな。笑 

ラジオってそういうもんだよね。笑

 

ま、いっか。

 

僕も最初すっかり、乃木坂の帰り道を忘れてました。

 

家への帰り道、と聞いて、

上を向いて歩こう」とか、

なんなら「カントリーロード」かなと。笑

 

正解は乃木坂の「帰り道は遠回りしたくなる」でしたが、

ハリーさんも粋な問題を出してくださいますね。

素敵な気持ちを頂きました。

 

意訳も素敵でした。

 

答えが分かった時の嬉しいあす、見たかった!絶対可愛いです。

 

ハリーさんが「もうちょっとくたばってくれるかと」

っておっしゃたとき、

一瞬、懐かしの「くたばれ!」かと。笑

 

ハリーさん最後にもまた歌ってくれましたね。笑

 

 

最近久しぶりにパスピエの曲を聴いていたら、

良い曲がありました。

 

この曲のカバーだということが分かり、

最近よく聴いてます。


VIBRATONES soul life

 

素敵な2019年にするしか~ないすわん♪

なんかこう、ボタニカル!!

雑誌名とかをタイトルにしていると

検索にかかってしまうことがあるようで、

ブログのタイトルを変えています。笑

 

 

今回はCM NOWさんの感想です!

 

 

20歳になってから もう何度か撮影があったと思いますが、

 

意外と無かったのが、

「20歳になったので少し大人に」がテーマのグラビア。

 

その点、今回の表紙は大人っぽさが全開ですね。

 

 

少し濡れた髪に深い色のリップ、

 

露出した肌の白さと比べると、

ベースメイクもおそらく暗め。

 

アンニュイな表情と合わさって、

 

色っぽいです。

 

黒のドレスはノースリーブというよりもう少し大きく

切り込みがあって、丈も短め。

 

ノースリーブで腕が出てるのが好きなのは

何度も言ってますが、

ここまで出てるのは なかなか無かったような。

 

普段着というか、カジュアルな服でも同じような露出はありますが、

ドレスのほうがもっとこう、 あからさまな感じがします。

 

目の前にあすがこうして居たら、

視線の行き先がフラフラしてしまうと思います。

 

ただ一つだけスタッフさんに言いたいのは、

 

あすの場合、

黒に花柄のドレス、銀色のバングルに、革のヒール。

は、特別大人っぽい服装ではないってことです。

 

もっとシンプルなメイクでもすっぴんでも、

10代の頃から、元々あすが似合うものです。

 

「ちょっと大人っぽく」なら、

赤でも青でも、はっきり色があるかほうが、

あすにとってはそれが大人っぽいと思います。

 

ええそうです。僕が見たいからですが。

 

 

表紙と同じシーンでの写真だと、

 

このシーンでは最後の見開きになる、この2枚が好きです。

 

右のページの写真は、

 

座っているだけと言えば そうなんだけど

 

首の角度、上半身の姿勢、手の場所に、左足の重ね方まで合わせて、

本当に完璧なシルエットだと、思う姿です。

 

もちろんファッションモデルのときの立ち姿とかで、

同じく美しいと思うところは沢山あるのですが、

この座っての姿は特に、目を奪われるなと思います。

 

左のページの写真は、

 

美しいという以上にセクシーです。

 

こういう風に脚をみせられて、

なんとも思わない男はいないです。

 

 

後半はガラッと変わって、カジュアルに。

 

インタビューページもあるから、

素顔がみられる感じですね。

 

仕草も体勢も、小さく可愛らしく。

 

ぎゅっとしたくなります。

 

こちらも最初に座った姿勢の写真がありますが、

さっきとはまた全く違うあすになってますね。

 

ニコッとした表情も、手のポーズも、脚の折り方も、

全部すごく可愛いです。

 

靴を脱いで裸足なことに気付くと、ドキッとします。

 

本を選んで、頭に乗せて、大事に抱えて、開いてみて。

 

どれも可愛いですが、頭に乗せるのが久しぶりに見れて嬉しいのと、

 

最後に本を開いてるところは、

両方とも、笑ってるというより笑う直前、

おかしいな思った瞬間な気がして、

こちらもつられて笑っちゃいます。

 

だって絵本とかじゃなくて、

「NARA」だもんね。笑

そりゃ笑っちゃいます。

 

最後のページは、いつもの壁が、鏡に。

 

なんということでしょう。©

 

冗談みたいになってますが、

この見開き本当に好きです。

 

やっぱりこれくらいアップで映ってるのが、

一番可愛いし、

あすの目も鼻も口も、やっぱり僕はどうしようもなく好きだと思う写真です。

 

 

インタビューのほうは今年のCMのことを中心に話してくれてますが、

 

CMのほうは今回書いてると終わらなくなってしまうので、

特に書きません。スーパーカップのしかまともに書いてませんが、ごめんなさい。

 

やってみたいCMで、コスメのCMってありましたが、

僕も本当にみてみたいです!

 

もう一回は難しいかもしれませんが、

いつかまたアナスイさんとがあるといいなと、

前あったときから願っています。

 

見たいということだと、

 

綺麗な、カッコいいのももちろん見たいけど、

コミカルなのがあっても、それも嬉しいです。

「ギガ200」みたいにすこぶる可愛いのも、大歓迎です。

 

 

今回「NARA」があって、ふと思ったことで。

 

あすの名前の由来について本当のところを聞いたことはありませんが、

 

あすは奈良の飛鳥には行ったことがありますか?

 

奈良市内の興福寺東大寺春日大社とかのほうが、

現存するものとしては見応えがあるかもしれませんが、

 

明日香村のほうが、考古学的な面白さがありますよ。

 

もちろん、現存する法隆寺薬師寺に足を伸ばしても良いですが。

 

飛鳥時代は歴史が定まっていないことも多いのか、

新しい発見がまだまだあるのも、面白いところです。

 

中1の校外学習で飛鳥の史跡を回ったのですが、

その時は教科書でも、藤原京は後の平城京に比べると、

半分以下のサイズだったということになっていたのに、

 

最近は90年代に発見された、

「大藤原京説」というのが有力になって、

平安京さえ凌ぐ日本史上最大の都だった、

なんていうことになってたりします。笑

 

新しい時代にいる人間のほうが進歩していると、人間は思いたいものだけど、

本当にそうなのかな、という思いにさせられることがあります。

 

脱線が長くなりましたが、奈良もいいところですよ。

僕も年に1回は足を運んでいます。

 

 

 

感想を書きたいこと沢山あるのですが、

遅くなっていてごめんなさい。

 

また読みに来てくれると嬉しいです。

ハリポ 12/08

 

 

 

 

ハリポの感想もずっと書けていませんでしたが、

 

突然今回感想を書いてみようと思います。

 

 

朝の挨拶、

高めの声から入って

「眠りの森の毛布の王国」でちょっとゆっくりになって、

心地よかったです。

 

ん、それじゃ寝ちゃうか。笑

 

でもリスナーに呼びかけてる感じなのが、

朝ほんとに起こしてくれてるみたいです。

 

「毛布の王国」っておもしろかったね。笑

 

 

English class !

 

最初は「~み」という言葉について。笑

 

「うれしみ」なら、使ってる後輩がよくいるけどね。

 

「悲しみ」は辞書にも載ってる言葉だけど、

たぶんそこから派生して、活用形の一つみたいになってるんだと思います。

 

「やばみ」なんてもう、使ってる人いるけど、分かんないよ。笑

 

 

今回だと、

音楽あけの ハイヤー!からかな。

 

最近のハリポは、

あすがわりと早口で話すことも多くなったきが気がします。

 

聴きやすく普通の会話よりゆっくり 

が基本かもしれないけど、

早口でいいところも多いよね!

 

いちリスナーとしていいと思います。

 

ところで。「ハイヤー!」の綴りってどうだっけ?笑

Hi yeah ! だったかな。

調べても出てこなくて、本当に分かりません。笑

 

 

今日のクイズ、

 

僕は二つ目の音で、

女性が「イチローはよく知ってるけど彼は知らないの」

 

っておっしゃたところで分かったよ!

 

「二刀流」まで出て「誰?」

なのは、「野球詳しくない」ではなくて、

 

「野球に全く興味が無い」が正しいですね。笑

 

僕は悲しいですよ…笑

 

興味無くてもいいんだけど、

いつか一緒に観に行ってね。

野球は絶対二人以上のほうが楽しいです。

 

 

ハリーさん「次まで聴いたらわかりますよー」

あす「かなー?」

 

の時、あすの「かなー?」が

ちょっと、キミヲイの「試験結果を掲示板でみる」シーンみたいでした。

 

「えーわかんない」のあとの

「わからん。(小声で短く)」もすごく可愛いかったです。

 

 

最後には「バイピチー!」も聞けたね!笑

 

川後さんが輸入した言葉だよね。

 

 

今日のメッセージテーマは「あなたの今年の流行は?」でした。

 

ハリポだからやっぱり音楽で、

僕の流行の一つはこれでした。

 

5年ぐらい前、僕が高校生の頃によく聴いてたので、

ウォークマンにも入っています。

 

でも今年は就活もあって、

前とは違った意味で、

ロックを聴きたくなるような時が多かったです。

 

今はまた楽しんで聴けます。


Hoobastank - No Win Situation [HQ] (Fight or Flight) WITH LYRICS

 

元々はNHKMLB中継で知った曲でした。


20131031 ワールドシリーズ エンディング

 

 

では。

 

バイピチー!笑